プロフィール

1986年東京生まれ。国立音楽大学附属幼稚園、小学校を経て中、高等学校へ進学。中学校では合唱部に所属し、羽田喜久代氏の指導、指揮のもと第67回NHK全国学校音楽コンクール全国コンクールで金賞受賞。

 

2009年3月、国立音楽大学鍵盤楽器ピアノ専修を首席で、並びに同科ソリストコースを最優秀で卒業。読売新人演奏会等に出演。また在学2年次、3年次に最優秀にて岡田賞受賞。第27回日本ピアノコンクール特級の部第1位、第7回ショパン国際ピアノコンクールIN ASIA大学生部門金賞及び審査員特別賞受賞。レインボウ21サントリーホールデビューコンサート2007「生誕150周年エドワード・エルガー」で「エニグマ変奏曲Op.36」(ピアノ独奏版)を演奏。卒業後、国立音大主催の定期演奏会「音楽と身体」でモートン・フェルドマン「Why Patterns?」を舞踊家、田中泯氏と共演。アンサンブル奏者としても、東京フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターの三浦章宏氏をはじめ、弦や管楽器のリサイタルでの共演。最近では日仏現代音楽協会主催の2台ピアノコンサート『クロード・ドビュッシー、現代音楽への前奏曲』に出演。また現在も全国各地でロングランで上映中のドキュメンタリー映画『おだやかな革命』を始め、映像とのコラボレーションやCD録音を行い、活動の幅を広げている。

音楽学者の故:礒山雅氏と朝日カルチャーセンター新宿校で《ゴルトベルク変奏曲》レクチャーコンサート等に出演するなど、音楽と他分野の芸術と連関させながら独自のレクチャーも展開している。

 

2013年より Segaway-project 瀬川裕美子ピアノリサイタルを開始。スタインウェイサロン東京 松尾ホール(vol.1)、東京文化会館小ホール(vol.2、vol.4)、トッパンホール(vol.3、5、6) において、バッハからショパン、フランス近現代、邦人作品まで、パウル・クレーの作品や『造形思考』を下地に展開させるなど、様々な視点のプログラムで開催している。これまでCD3枚を発売。3rdCD《肥沃の国の境界にて~線・ポリフォニー⇒…!?~》は、「レコード芸術」誌 準特選盤、「音楽現代」誌 推薦盤として、また日本経済新聞社電子版「ビジュアル音楽堂」や、衛星ラジオ「ミュージックバード」で放送・紹介された。

これまでにピアノを武地朋子、橋本正子、渡邉玲子、加藤一郎、渋谷淑子の各氏に師事。2011年にはニース夏期国際音楽アカデミーにミッシェロ・ベロフ氏のクラスを受講、修了。和声学を黒川肇季氏に師事。伴奏法を静岡音楽館AOI主催の「ピアニストのためのアンサンブル講座」受講生として2009年から2014年にかけて野平一郎氏に師事。日仏現代音楽協会会員。