• yumiko segawa

月刊 東京人 12月号《特集 東京映画館クロニクル》盛りだくさんの内容にびっくりしています!✨



月刊 東京人 12月号

《特集 東京映画館クロニクル》


11/2発売されたこの雑誌、表紙のちょっとかわいい不思議なイラストのために購入してしまいました😊こちらのイラスト、映画イラストレーター:叔父の宮崎祐治の作品です。


中身を見ると、映画音楽に限らず、日本人作曲家作品、武満や湯浅先生の作品などについて山田和樹さんらが対談しているページもあって、はじめて購入した『東京人』でしたが、中身が懐かしい写真と特集記事でとってもボリューミー!📖楽しんで拝読中です。


叔父さんのイラストは、雑誌中でも、銀座、新宿、渋谷、池袋の手描きの映画地図が4ページ、力作だそうです~

あと、川本三郎さんのゴダールのページでは、独特のゴダールのイラストが見られます✒️


ラピュタ阿佐ヶ谷特集ページもあり、

Izumiko Aoyagi先生のこちらでの出会いをちょっと懐かしく思い出してしまった❣️


ここでの青柳いづみこ先生とのストーリーは、先生のご著書『阿佐ヶ谷アタリデ大ザケノンダ』平凡社、の6章で綴っていただき、ちゃっかり私も叔父の宮崎祐治さんも登場するのです…^ ^


叔父がラピュタ阿佐ヶ谷さんとコラボしたのは『東京映画地図』企画。


代表作の 『東京映画地図』(キネマ旬報ムック) は、『キネマ旬報』2011年6月上旬号のスタートから全60回、2016年5月上旬号まで祐治叔父さんの連載が一冊になったもので、こちらもボリューミーで楽しい一冊です☆

ご興味あるかたは、ぜひ😊

https://honto.jp/netstore/pd-book_27981349.html


p.s. 昨日偶然ご一緒したライターのYuko Kanamaru金丸裕子さんの連載記事~まちの仕掛人たち~p.125(なんと88回目の連載❗)も、この『東京人』に掲載されていることが判明しました😲『東京人』の盛りだくさんの内容にびっくりしています!✨

閲覧数:1回