top of page
  • yumiko segawa

★ヴァレーズとリゲティ -現代音楽」誕生と興隆の1世紀-★9/17.18 @門天ホール



さて1ヶ月を切りました!

こちらなかなか「鮮烈な」コンサートです☄️


9月17日(日)18日(月・祝)

両日いづれも15時開演、同演目、

@我らの門天ホール


★ヴァレーズとリゲティ -現代音楽」誕生と興隆の1世紀-★ http://francojaponaise.blogspot.com/2023/08/91718.html?m=1


濃いお姉様方との門天4人組、お陰様で5年目を迎えました🙇‍♀️🍀


飯野明日香さん

大須賀かおりさん

安田結衣子さん

瀬川裕美子


日仏現代音楽協会設立10周年記念企画の第1弾ともあって、チラシは半円です♡

企画は隊長、台信遼さんと夏田昌和先生


生誕100周年の「リゲティ」、「リゲティ」祭りときて、ここに来てようやく140周年の「Varèse」が浮かばれてきました😭✨


でもリゲティに嫉妬ばかりしていられません!我らにはリゲティ名手がいらっしゃるのですから。しっかりヴァレーズ140歳記念も、リゲティ100歳記念もさせて頂きます❗️

そこが、この公演のすごいところです☺️

まずはこの2曲。


・ジョルジ・リゲティ:「2台ピアノのための3つの作品」より 記念解、運動

・エドガー・ヴァレーズ :「アメリカ 」2台8手版


ここ、普通にすっと読み飛ばさないでくださいませ🙏💦


ヴァレーズの「アメリカ」、21世紀に発見されたという、作曲家ご自身による“2台8手版”での演奏になります。

2011年に出版されたこの赤いRecordi版の譜面🎼


このことは、沼野雄司先生の2019年に出された『エドガー・ヴァレーズ 孤独な射手の肖像』の中で知るところに👀 https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/20979


ヴァレーズをピアノで弾くこと、これはなかなか新鮮な喜びです。何より皆さん気になるであろうことは、「サイレン🚨」問題、それに、2つの打楽器群ですね😂

しかし4人のピアニスト、この濃い姉様方と力を合わせるのですから、そこは新鮮なピアノ8手の響きをお楽しみに❣️

それに、このアメリカ2台8手版をご本人が手掛けたのは、初稿と改訂版の間の時期というのですから、これをお聴きになれるのはかなりレアな体験になりますね!いつものヴァレーズ:「アメリカ🇺🇸」とは、かなり違うのです!!


そこまで来たところで、KEYポイントは

何と言っても4人ピアニストによる「2台8手」☝️✨


この門天4人組結成の始まりも、実は「2台8手」。

あの時は、篠田昌伸さんの『混相流』を演奏しましたね🎶(篠田さんご自身の初演時には2人2台演奏だったものをわざわざ4人で!笑)


それ以来の、純粋なる「2台8手」ののヴァレーズ作品に続き、委嘱初演作品として、川上統さんの『夜行虫』も今回演奏予定です。

(待ち遠しい、音符さん…🥹川上さーん!🙏)


そして、日仏現代音楽協会10周年記念にふさわしく、4人それぞれが日本初演も含む、この協会会員の作品のソロ曲を1人1曲づつ発表します!


・伊藤美由紀|風の影~篠田桃紅に探ぐ〜・日本初演

・今堀拓也 |Harmonie Exercise for Layered Pulses'

・深沢倫子|新月

・山本斯也 |霜景 日本初演


そのほか、まだある!


・モーリス・ラヴェル:(ジャンスの扇>のファンファーレ2台8手編曲版

・武満徹:クロス・ハッチ2つの鍵盤楽のための


台信さんはいつも少し珍しいラヴェルをチョイスしてくださる!


ということで、一参加者の瀬川からは現段階で以上です🙇‍♀️

たぶん、ヴァレーズ愛で偏り気味な文章になってしまいましたね😂そこはご勘弁を!


どれも、注目です!!👀


門天で心よりお待ちしております❤️

コメント


bottom of page