December 5, 2019

今年の旅おさめ☆

修験道の石段2243段の山形・出羽三山の羽黒山を、歩いて参りましたヽ(・∀・)ノ
温泉旅行に行く両親を巻き込んで・・・^ ^

...

この羽黒山はひたすら2243の石段が続く、白装束の山伏たちが登っていく霊験あらたかな山、修行の道として知られています。

山形といえば、20歳の頃、どん詰まりになったときに芭蕉の山寺に登りに来まして、その後に、新鮮な決断を促してくれた特別な場所。

山寺は、1015段。
羽黒山は、2446段。

段数ではないけれど、石段としては日本一だそうで、なかなかに覚悟を決めて登る必要のある霊山詣出。

自分が33歳...

November 27, 2019

昨日は人生初の名古屋でした✨
名古屋の表玄関から北上、そして路地の穴場へ…

お仕事ではなく、今回の究極の目的はなんと、中部大学!!
創立80周年記念「UNIVERSITY GARDEN と、作庭家:岡田憲久展」~2020, 1/14)ヽ(・∀・)ノ! https://www3.chubu.ac.jp/museum/news/25297/

...

午前中、名古屋城・徳川園の1人旅から、本企画発起人でいらっしゃる美学・美学史の先生方と合流、中部大学庭鑑賞会→愛知の蓬莱泉の地酒を堪能する江戸時代の酒蔵「SAKE BAR圓谷」まで、ちょっと思いが...

November 25, 2019

arroganceなき(!)、温かい魂の人、湯浅譲二先生の魅力を、ガリアーノさんが日本語で一生懸命語ってくださいました(*´∀`)

昨夜は、イタリアより来日中の、湯浅先生を心から尊敬し研究してきた音楽学者・音楽美学者:ルチアナ・ガリアーノさんによる日本ベルク協会主催講演会。

最近、私の読書生活にも豊かさをもたらしてくれている著書、『湯浅譲二の音楽』ガリアーノ著/ピーター・バート編/小野光子訳 の内容+aとして、特に昨日は湯浅先生の人間性と精神性、そのルーツについてのお話でした。

...

訳者の小野光子さんや、このご著作の中でもたびたび的確に...

November 22, 2019

ようやく手元にヽ(・∀・)ノ✨

この度、今年3/23のリサイタル@toppanで委嘱世界初演致しました近藤譲先生の『三冬 for piano』の楽譜が、イギリスのヨーク大学音楽出版局(UYMP)より出版され、昨日自宅に届きました!

今回の新CD『アフロディテの解剖学』には、その委嘱初演ライブ演奏が収録されています(^^)

...

三冬~Three Winter Months~

・・・線・この世界の厚みの中へ・・・

Commissioned by and written for Yumiko Segawa…楽譜の1ページ目にそんな文言が刻まれてい...

November 21, 2019

先月に船出致しましたsegawayライブCD『アフロディテの解剖学』が、3rdCDに続き「レコード芸術」誌にて準特選盤、また「オーディオアクセサリー」誌にて“今季の特選”・“推薦”として取り上げられました☆
1月には衛星デジタル音楽放送MUSIC BIRDの特集でも紹介して頂けるそうです。詳細ご案内は後日に🎵

技術・制作チームの皆様に改めて御礼申し上げます🙇✨

...

それにしてもこの込み入った内容の『アフロディテの解剖学』を、評論家の先生方がコンセプト全体を読み込んだ上で様々な角度から鑑賞してくださり、新鮮な感覚でコメントをお寄せ頂...

October 4, 2019

このたび、恐れ多くも
「独検」でもお馴染みの、公益財団法人 ドイツ語学文学振興会が毎年発行している『ひろの』誌に、いちピアノ弾きとして寄稿文を掲載頂きました。

題して、「ピアノリサイタルの新しいあり方」。

...

慶応大学教授 ゲーテ研究者でいらっしゃる粂川麻里生先生の、寛容なお心遣いに感謝申し上げますm(__)m
秒速のように迅速でかつ的確、温かい粂川先生の添削のご対応により、私の読みにくい文が、皆様にも伝わりやすい文に生まれ変わっております(;_;)

恐縮極まりないのは、日本でのドイツ語やドイツ文学の普及、促進活動に従事し、「独検」を主...

October 2, 2019

昨夜は80歳のハインツ・ホリガー、とにかく素晴らしかった…@オペラシティ

終演後は、ホリガーのお客さんが流れ込んだ新宿駅のプラットホームまで、ホリガースマイルで持ちきりといった感じでした。いい演奏会のあとの高揚感ってこのようなものなのですね!

豊かさは、明るさ!!

...

あの明瞭なオーボエの音色が体内を、会場全体を、浄化してくれます。
圧巻はやっぱりホリガー吹き振りの(!)マルティヌー:オーボエ協奏曲でしたでしょうか。。老体とはなんでしょう!!
吹いているときは背中で全てを語り、シティフィルを本当にその気にさせて突き進むホリガー。こんなに...

September 29, 2019

昨日はラグビーの試合とほぼ同時の16:00に、こちらもキックオフしましたヽ(・∀・)ノ

私にとっての金星があるとすれば、それは、宣言通り、
湯浅譲二先生から伝授された『宇宙的無意識』の境地で最初から最後まで演奏できたかどうかだ。。。(>_<)

...

・・・いやぁまだまだです(*_*)

一発目、大好きなstravinskyのタンゴでコケた!回避する術はそれなりにわきまえたつもりだが、湯浅先生親子はその“心の動揺”をしっかりと聴いてくださった😁咄嗟に1場面ワープ!「イギリス組曲サラバンドから冴えてきましたね」の先生のコメントはそういうことな...

September 14, 2019

思い切って、トッパンホールでのライヴCD、リリースします!(10/11発売)

《アフロディテの解剖学 Anatomy of Aphrodite --切断・解体・再構成--》
~瀬川裕美子ピアノリサイタルvol.6&7ライブ~

Segaway-project パウル・クレーリサイタルpaul klee recital『肥沃の国の境界にて』に続く第2弾、酷く拗らせた、素敵なCDが出来上がりました!ヽ(・∀・)ノ...
(この秋、文化庁芸術祭(レコード部門)参加作品に☆)

2018年vol.6『ドゥルカマラ島』と2019年vol.7『オルフェ...

September 1, 2019

ビアンごとが続く近頃です。。。😹

今日は、9/28のリサイタルで演奏させて頂く湯浅譲二予期せぬトレ先生の『内触覚的宇宙』をはじめて、ご本人に聴いていただいたレッスンdayでした。

その後思いがけずサシ餃子でっ!はじめてじっくりお話させて頂き、なんとも贅沢な夕暮れでした(;_q)

...

“マテナイ私”が、この度も顔をだし😅、色々寸詰まりなCosmos Haptic にカツを入れていただいた。

湯浅先生がニコッとおっしゃる、
「…湯浅くんは、文系と理系をバランスよく持っているよね…って松平(頼暁)くんが言ってくれるんです」。

日本は数えない、...

Please reload

​ベルン パウルクレーセンター

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square